スポンサーサイト

韓国経済崩壊? 1月  2014年最新情報について!!!

韓国経済崩壊?  1月  2014年最新情報

kankoku

日本経済ですが、2013年、株価上昇・不動産価格上昇・消費回復により、ようやく、不景気から抜け出しつつありますね。
一部の企業では、過去最高益を達成している会社もあるようで、ボーナスも増えているようです。

2013年は経済に関する明るいニュースがたくさん報道されましたが、2014年も、消費税増税という大きな障壁を乗り越えて、さらに、経済が良くなっていただきたいものです。

さて、、、、

日本経済は少し回復しつつありますが、隣国の韓国経済はどうなっているのか???

2014年1月以降の韓国経済の見通しについて、また、最新の韓国経済について、簡単に解説させていただきますね。

・韓国経済の現状 2014年1月 最新情報

2013年の韓国経済のGDP成長率は、2.8%程度になりそうです。

◯サムソンを中心とした財閥系企業の好調な輸出

◯国内需要を増やすための財政出動

などにより、何とか2%台後半のGDP成長率を達成しています。

2014年1月以降も、好調な輸出がしばらく継続しそうですので、高い経済成長率を維持することができ、2014年のGDPの経済成長率は3%台後半を達成すると予想されています。

・韓国経済に死角はないのか??? 韓国経済崩壊の可能性は???

2014年の経済成長率は3%台になると予想をされており、一見、韓国経済は順調なように見えます。

ただし、、、

韓国経済も、もちろん、他の諸国と同様に、様々な経済問題を抱えています。

◯貿易依存率が高い
>>韓国経済の大半は貿易(輸出)に依存しています。輸出企業が世界競争に負けてしまい、輸出の成長率が鈍化すれば、経済は一気に悪化します。

◯財閥系企業に対する依存度が高い
>>韓国経済の大半は財閥系企業の売上/利益によって成り立っています。少数の財閥系企業の業績悪化が経済の悪化に直結してしまうというリスクを抱えています。

◯財政問題
>>日本と同様に財政問題(国の借金)を抱えています。

◯株価低迷
>>2013年、日本の株価は大幅に上昇していますが、一方、韓国の株価は低迷しています。

現状、韓国経済は成長をしていますので、韓国経済崩壊するということはありえません。
ただし、上記の問題にも記載させていただいた、輸出の減少/財閥系企業の業績悪化が起きてしまいますと、韓国経済崩壊という状況にまで陥ることはなくても、不景気になってしまい、経済が停滞してしまう可能性が十分にありえます。

韓国経済が今後も成長するためには、やはり、財閥系企業が世界に向けて今まで以上に輸出を伸ばしていかなければなりません。
もし、、、
輸出が減少してしまうような事になれば、韓国経済は一気に冷え込んでしまうので、韓国政府としては、今後も、輸出を伸ばすための対策を講じていくでしょう。

さて、、、

韓国経済は2014年に3%を超える経済成長を達成できるのか???

それとも、、、

経済は停滞してしまうのか??

今後も、最新の韓国経済状況について解説させていただきますね。

 

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ